お母さんと赤ちゃんのイラスト

妊婦と胎児の健康のために食事内容を見直しましょう。

不足分を補う

栄養豊富なサプリメントを活用すれば、普段の食事で摂取しにくい栄養もバランスよく摂ることが可能です。とくに妊婦であれば、子供のために神経を使う問題です。母子ともに大事なミネラルやカルシウム、葉酸などの栄養を積極的にとっていきましょう。

健康をサポート

生活リズムやが乱れると、身体の調子は悪くなってしまいます。仕事や育児などが忙しいと規則正しい生活を送ることが難しくなってきます。ご飯をゆっくり食べる時間もないかもしれません。しかし、食は健康の基本となりますので、サプリメントのサポートを受けながらでも栄養に気を配っていくことが重要です。サプリメントであれば、手軽に継続ができて安心です。

プレママや妊活中の人におすすめの情報はコチラ!

和食

ストレスフリーを目指す

妊娠中は母子の健康のために、今まで以上に食事メニューにこだわる必要が出てきます。妊婦の理想的な食事について学んでいくことが大切ですが、制限が多いことで気が滅入ったりストレスになることも考えられます。上手にコントロールしていきましょう。

READ MORE
お灸

体質を改善しよう

不妊治療のために鍼灸院へ通う人は大勢います。東洋医学の治療効果を得て、体質が変化したことによって妊娠・出産を実現したという例が多いためです。自分に合った治療方法を試していくことが大切なポイントになります。

READ MORE
椅子

妊活に有効な治療

妊活にはいろいろな方法があります。最近では血液を活性化することによって、妊娠力を高めることが期待できる治療が注目されているようです。川崎の産婦人科では、そうした治療を受けている患者が多いといいます。詳しく見ていきましょう。

READ MORE
ご飯

病気を予防しよう

妊娠中は、コレステロールや塩分などに気をつけながら、バランスがとれた食生活を送ることが肝心です。妊娠中はさまざまな病気にならないように気をつける必要がありますが、病気予防の基本としても食事管理が重要視されています。

READ MORE

妊婦が避けるべき食事

お酒

アルコールは「胎児性アルコール症候群」という赤ちゃんへのリスクが考えられますので、避けるべきものになります。

生もの

生卵やお刺身、お肉など、食中毒の危険性がある生ものは避た方が無難です。トキソプラズマの感染にも注意が必要です。

過剰摂取NG食材

レバー、うなぎ、昆布、ひじき、マグロなどの大型魚は、過剰に摂取することで、胎児に影響が及ぶ可能性があります。

続けやすさで選ぶ

カウンセリング

妊婦から支持されるサプリ

妊娠中や出産後は、赤ちゃんのためにも栄養管理に気を配る女性は多いです。病院からも食事指導をされることがあるはずですので、健康のために指導内容に合った食生活を進めていくことが肝心です。ただ毎食バランスのとれた食事を準備するのは、大きな負担となります。そこで、妊婦の愛用者が多いサプリメントを選んで取り入れていけば、安全性も高く安心ですし、効率よく理想的な食生活を送っていくことが可能です。

食事内容に気をつける

加熱処理していないチーズには、リステリア菌という菌があります。また、生肉などにはトキソプラズマという寄生虫が付いていることがあります。こうした菌や寄生虫は、胎児に障害をもたらす原因となる可能性があるため、妊婦はとくに気をつけていくことが求められます。ただ気にしすぎてナーバスになることはストレスになりますので、適度に注意をしていけばよいでしょう。